2013/09/13 ヒゲを追う Vol.1


キハ2005

9月7日の貸切運転でヒゲが貼られたキハ2005が、暫くの間そのままの状態で走らせるとの事で、再びひたちなか海浜鉄道を訪れました。

(実は9日にもひたちなかを訪れていましたが、生憎「ヒゲ」は朝運用が終わって車庫で寝てました……)

今回は一番列車を狙えばヒゲが運用に入っているだろうと思い、眠さ寒さの中、勝田駅で待っていると奴はやってきました。

キハ2005

眠さは一気にぶっ飛びました。

貸切からこの日の間、確か大雨だかに見舞われたそうですが、スゲェ ヒゲ剥がれてない。

キハ2005 車内

早朝のためか、まだ乗る人は少なく静寂な空気が漂います。

ヒゲと走る

磯崎の畑を横目に走ります。

朝日が差し込む

東の海っぺりを走るひたちなか海浜鉄道、朝日が太平洋の水平線からゆっくりと昇って行き、眩しい光が車内に差し込みます。

良い目覚ましです。

キハ2005+キハ37100-03 磯崎出発

私は磯崎で下車し、撮影場所へ歩きました。

キハ2005+キハ37100-03

阿字ヶ浦で折り返して来た勝田行きがやってきました。

生憎、太陽が雲に隠れてしまいました。

キハ37100-03+キハ2005

次に下車したのは殿山駅。

那珂湊で交換するため、すぐやって来ると思い待機してると、「ヒゲ」を連結した列車が到着。

キハ37100-03+キハ2005 殿山出発

殿山を出発し、住宅街の脇へ走って行きました。

キハ2005+キハ37100-03

阿字ヶ浦→那珂湊への折り返し。この運用でキハ2005は車庫の方へ戻って行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA