青と黄の気動車


DC Kiha-222 & DC Kiha-2004

私が初めて「黄色くて古い気動車」を見たのは2年前、2013年のことでした。
ひたちなか海浜鉄道という路線を知ってから3か月が経過し、知った当時検査中だった黄色い気動車、キハ2004が動き出すという情報を聞いて茨城に向かったのを覚えています。

DC Kiha-222
沿線に到着したのは未明。
日もすっかり短く、日の出は遅くなっていました。
生憎この日は雲の量が多く、想像していた朝焼けとは異なっていましたが、古豪の中の1両であるキハ222がやって来ました。

DC Kiha-222
木の葉もすっかり落ちてしまい、冬さながらの光景となっていました。

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004 Connection
11時、那珂湊に行くとキハ2004が待機していました。その後ろから、朝から運用に入っていたキハ222が連結。

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004 Connection
発車までの短い間、迅速に連結作業が進められます。

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004 Connection

Kiha-2004 & Mass Media?

メディアの姿も見られました。
最近の収録は一眼で済んでしまうもんなのですね。

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004

冬晴れのひたちなか。
阿字ヶ浦で折り返し、勝田へ向かいます。

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004

沿線で数少ない木のトンネル区間を行く重連の古豪。
木陰が肌寒く思える時期です。
レールに溜まった落ち葉が、通過するたびに舞い上がりました。

DC Kiha-222 & DC Kiha-2004
東海地区からの新入りによって役目を終えようとしているキハ2004。
森の中に響き渡った2両のディーゼルの音は、今も頭の隅に残っています。
また聞きに行きたいですね。

2013-12-21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA