鉱山住宅地を往く


DE10-1678+Type WA-99 PC Special-train "Prunus persica Train"
DE10-1678+わ99 花桃号

栃木県足尾町。
銅山の町として歴史のある土地です。
銅山が全盛期を迎えた1916年、この土地の人口は4万人近く。
県庁所在地である宇都宮市の次にランクインするほど栄えておりました。
現在は2000人弱になってしまいましたが、鉱山町の名残が今でも見ることが出来ます。
赤い屋根の集合住宅が並ぶ中、トロッコ列車がやって来ました。

Type WA 89-300 with old mine residential area
わ89-312

こんな風景の中をキハ40かキハ35が走って来たら…なんてことを想像したり。

Type WA89-300 with old beneficiation plant
わ89-314

選鉱所の建物も付近にあるためか、他方からの人々にとっては非日常的な風景が。
流れる車窓が楽しい区間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA