2014/02/12 新金谷の朝


スハフ42-286

2月12日、泊まり先の焼津から車を転がし新金谷へ。

早速平成らしからぬ光景のオンパレードが待っていました。

新金谷の旧客

旧客のある景色

新金谷の旧客

至るところに旧客が。

高崎でもこんな数の旧客はありませんし、ある意味新鮮でした。

展望車 スイテ821

普段はお休みしている展望車、スイテ821。

機会があれば乗ってみたいところです。

21001系と旧客

元南海の21001系が停車中。

21001系

新金谷

しんかなや に来ました。

新金谷駅前の椅子

車輪を付け、車両を模した椅子が。

踏切より新金谷駅を見る

千頭方にある踏切から新金谷駅構内を眺める

新金谷駅 駅舎

新金谷駅の木造な駅舎。

新金谷駅 改札

新金谷駅の改札口。

新金谷駅

恐らく社員用の入り口。

3000系

車庫の脇に佇む元京阪の3000系。引退を目前に控え、この日は夜まで体を休めていました。

3000系 前方側面

3000系前方側面。

京阪車ということもあり、もともとは標準軌。

ただそれだと狭軌の大井川で走れないので、元営団の5000系の台車を転用して使用。

3000系「テレビカー」文字

2月14日の引退を迎えるに当たり、京阪時代の「テレビカー」表記が復活。日が当たると見づらいですが、往年の面影を醸し出しています。

21001系と3000系

金谷に向かう21001系と3000系の並び

21001系 作業中

車庫ではもう1編成の21001系が2両ばらばらに置かれていますが、こちらでは何やらエアーで下部を吹いていました。

(もう1両の方も整備中でした)

最近では1編成しか動いてませんが、近いうちに2編成動き出しそうですね…

E10-1 洗車機の前

駅付近で撮影を続けていると、電気機関車のE10-1が車庫の方から動いて来ました。

動いた先には洗車機が。

社員さんが洗車機のスイッチを押すとブラシが回り出しました。

洗車中のE10-1

ゆっくりとE10が洗車機を通り抜けます。

C12-164とE10-1

E10の奥にいるのは日本ナショナルトラスト所有のC12-164。

洗車中のE10-1

E10は間もなく方向転換。再び洗車機をくぐって行きます。

C10-8と洗車中のE10-1

今日の「SLかわね路」運用に就くC10-8との並び

磨く人

ブラシで車体の細部まで磨きます。

洗車を繰り返す

4~5回ほど往復して洗車をしていました。

構内移動中のE10-1

洗車を終えて車庫の方へ戻ってきました。

3000系、21001系、E10-1

3000系の前でE10はストップ。パンタを下ろしました。

排煙装置とC10-8

最後に、排煙装置の下で佇むC10-8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA