大井川の渋い釜 ~長距離鈍行列車2016秋~


Oigawa Railway E101+Old passenger car
Oigawa Railway E101+Old passenger car
Oigawa Railway E101+Old passenger car
Oigawa Railway E101+Old passenger car

大井川鐡道といえば、まずSL列車を思い浮かべると思いますが、
個人的にイチオシなのが電気機関車。
1949年製というかなり古豪な部類の電気機関車が元気に動いているのが見れるのはある意味贅沢な光景かもしれません。
そんな大井川の電気機関車は普段はSL列車の補機として走ることがほとんどなのですが、
先日の10月16日に「長距離鈍行列車ツアー」として先頭に立つことに。
4月以来2回目となるこの企画ですが、今回は国鉄時代の予讃本線をイメージしたものとなっていました。
最初の往路は雲にヒヤヒヤでしたが、何とか晴れで通過。
2発目の復路は福用手前で。
3発目は下泉付近のスポットで。こちらもまた雲にヒヤヒヤ・・・
4発目は抜里のストレートで。太陽が雲に・・・
午後の上り列車は抜里界隈で撮るのが定番ですが、3発目に行った場所でもいい感じに撮れそうです。
撮影後はレストランさわやかでげんこつハンバーグ。
静岡訪問時のお決まりパターンです^^;

前回に続いて今回も牽引を担当したのはE101。
ピカールで丁寧に磨きだされていたレベルの綺麗さで旅客向けの機関車といった感じです。
次回はあわよくばヒサシつきのE102を投入してほしいところですが、果たして・・・?

珍しく長文にてお送りさせていただきました。

2016-10-16
静岡県島田市・川根本町にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA