井川線車両、新金谷へ出張


E102+C-WAFU4+DD206

大井川鐡道には、SLが走る大井川本線の他に、途中アプト区間を走る井川線があります。
井川線は元々ダム建設に関する輸送を目的にナロースケールで敷設されたため、車両限界がかなり小さいのが特徴です。
そんなミニサイズな井川線の車両ですが、10月22~23日に新金谷で行われるSLフェスタへの展示に伴い、
10月19日に千頭から回送されました。

E102+C-WAFU4+DD206

E102+C-WAFU4+DD206

E102+C-WAFU4+DD206

DD20-6

編成はE102+cワフ4+DD20-6+スロフ317+クハ603

E102+C-WAFU4+DD206

E102+C-WAFU4+DD206

Double coupler

今回のネタの要となるのがこの貨車、cワフ4。
連結器が2つついているのが見えます。
井川線のクルマと本線の機関車とは、連結器の高さが異なります。
それに対応させるためのアダプター的な役割を持つ控車がこのcワフ4。
日中に使用されるのは久々のようです。

E102&C-WAFU4

おもちゃでも繋いでいるのかのようなスケール間の相異。

千頭出発までしばらくかかるので、その間にE102の運転室内を開いていた窓から…

E102 Cab
E102 Cab

お次はDD20-6の運転室内
DD206 Cab

千頭を出発し、新金谷へと向かいます。

E102+c-Wafu4+DD20-6+Type Surofu300+Type Kuha600

E102

E102+c-Wafu4+DD20-6+Type Surofu300+Type Kuha600

E102+c-Wafu4+DD20-6+Type Surofu300+Type Kuha600

E102+c-Wafu4+DD20-6+Type Surofu300+Type Kuha600

E102+c-Wafu4+DD20-6+Type Surofu300+Type Kuha600

E102+c-Wafu4+DD20-6+Type Surofu300+Type Kuha600

E102+c-Wafu4+DD20-6+Type Surofu300+Type Kuha600

高低差のありすぎる組み合わせ。
自転車でも追い抜けてしまう程度の速度で、ゆっくりと山を下りて行きました。

フェスタ終了後の翌月曜日に、また千頭へと帰っていきました。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA